色々な記録をもとに調べてみたが、分からない所もあるので、暫定的なものである。

明治15年(1882)6月22日 長野県諏訪郡米沢村埴原田に出生。父は小松米治、母はとく。
明治22年(1889)4月 諏訪郡村立北大塩尋常小学校入学。
明治26年(1893)3月 同小学校卒業。
明治29年(1896)4月 諏訪郡村立北大塩尋常高等小学校小学裁縫科一年修了。
明治31年(1898)9月 諏訪郡裁縫講習会生
明治31年(1898)12月 小学校教員免許状取得。
明治32年(1899)3月 長野師範学校講習科第二種修了。
明治33年(1900)4月 長野市長野師範学校女子部入学、諏訪郡宮川小学校訓導。
明治33年(1900)4月 諏訪郡宮川小学校訓導。
明治36年(1903)3月 長野市長野師範学校女子部卒業。
明治37年(1904)11月 耳と鼻の治療のため東京へ、小石川春日町45信松館に宿泊。病院は日本橋区本町一丁目十二番菊池耳鼻咽喉科。
明治38年(1905)3月 米沢村鋳物師屋より笹岡初右衛門、わかの二男武平を養子に迎え、結婚。
明治38年(1905)4月 宮川尋常高等小学校退職。武平の大阪市東区第四高等小学校訓導兼校長への勤務に伴い大阪市東雲町二丁目160に移住。
明治38年(1905)12月 大阪市育英第三小学校代用教員。月給16円。
明治39年(1906)5月 長女澪子出生。
明治41年(1908)2月 長男摂郎出生。
明治43年(1910)12月 次女百枝出生。
明治45年(1912)5月 武平の奈良県師範学校転勤により奈良市高畑町198番屋敷に転居。
大正4年(1915)11月 三男和郎出生。
大正5年(1916)2月 武平上田中学へ転勤により上田市原町へ転居。
大正8年(1919)6月 武平諏訪中学へ転勤により諏訪市湯の脇237へ転居。大正12年武平松本第二中学へ転勤。武平単身赴任。
大正14年(1925)3月 東京帝大病院にて手術。6月湯の脇へ帰宅。10月、12月上京レントゲン治療。
昭和5年(1930)9月 武平死去。
昭和21年(1946)4月 4月13日山形から茅野市米沢へ帰る
昭和30年(1955)1月 茅野にて死去。72歳。