課題                          小松いさの
女教育者ノ自省
緒 論
日清戦争ニ勝利ヲ得タル結果国威ヲ世界ニ輝キ国勢ニ一変ヲ来シ其後北清事件ワ実ニ驚ク許ニ我日本ヲシテ世界ニ重カラシムルニ至レリ従ツテ日英同盟ノ如キ世界最強国トシテ誇ル所ノ英国孤立独行ヲ名誉ニシ古来一度モ外国ト同盟シタル事ナキ英国ヲシテ其不抜ノ国是ヲ変ゼシメテ遂に我国ト手を携エテ世界ニ立ツコトトハナリヌ
茲ニ於イテカ我国ワ東洋ノ日本亜細亜ノ日本ニ非ズ世界ノ日本タリ世界ノ強国ト肩ヲ並ブベキ日本タリサレバ之ヨリ以後我国人タルモノ大ニ進デ廣世界ニ活動スベキ時季ワ来レリナリ
強メヨヤ我日本ノ民ヨ宜シク旧来ノ陋習ヲ打破シ心ヲ世界ト共ニ廣大ニシ工商ヲ始メ百般ノ事業ニ於テ大ニ世界ニ発展スルノ意気ナカルベカラズ
斯ル時季ニ当リ国家ガ半面ヲ捧グベキ女子ニシテ以前ノ如ク儒教仏教ニヨリ畏縮セル思想ヲ以テ女子ハ界ヲ越ユベカラズ等ノ如キ実ニ卑屈ニ又消極的極マレル状態ニテ在ランカ其ヨク国家ノ前途を全フスルコトヲ得ンヤサレバ女子タルモノワ大ニ活眼蹶起以テ己ガ本分ヲ自覚シ家ニ在リテハ善ク其任ヲ全フシ社會ニ出テワ種々ノ職務ニ従ヒ繊手尚能ク国家ニ貢献スルノ覺悟ナカルベカラズ
凡ノ婦人ノ家庭以外ニ於テ従事スベキ職タル其種類多シト雖モ其先天的ニ順良ナル性質及ビ注意深キ頭ヲ有セル又比較的ニ愛情ニ富ミ且懇々トシテ倦マザル如キ多クノ特点ヨリ押シテ小學教育タルワ実ニ適当ナルモノト云フベシ抑女子ノ家庭ニ於ケルヤ其子女ノ為ニ教師タルワ論ヲ待タザル所ニシテ苟モ女子トシテ生ヲ此ノ世ニ受シ上ワ必ズ此ノ任ニ当ルベキモノトス故ニ婦人ニシテ教育者タルワ其内外ニ大小トニ於テ異ニスト雖モ皆其天賦ノ職即女子ノ女子タル務ヲ盡スモノト謂ワザルヲエザルナリ
今ヤ日進月歩ノ世ニ伴ヒ教育ノ声四方ニ起リ女教育者亦續々輩出スルノ気運ニ向カヒタルワ実ニ喜ブベキノ現象ト云フベシ
サテ其女教育者タルモノ其種類キワメテ多シト雖モ茲ニ於テワ主トシテ当長野師範学校女子部ヨリ出タルモノニツキテ少シク述ベントス
普通女子ニシテ小學ヲ終エ一定ノ力ヲ備エ以テ師範ノ堂ニ入リ三年ノ勉学ヲ以テ小學教育者タルノ力ト資格トヲ得各各地方ニ於テ国民教育ニ従事スベキモノ之レ即チ卒業生ナリ。今ヤ当縣下ニ於テ此ノ如キ卒業生年ト共ニ増加シ合セテ二百名ニ垂ントス実ニ盛ナリと謂フベシ然レドモ此大多数ノ卒業生ノ地方ニ在ルヤ寂トシテ声ナク宛ラ蟲ノ霜雪ニ逢エルガ如ク逡巡トシテ表レズ而モ真ノ効果ヲ上グル者ノ少ナキワ何ゾヤ所謂多才博学ナルアリ以テ大教育家ノ出デザル所以ノモノワ何ゾヤ己レ長野縣ニ生レ仝縣ニ人トナリ又仝縣ニ於テ教育者タラントスサレバ常々当縣下教育ニ関係在ル事ニ就テワ耳ヲ峙テ又極メテ微細ナガラモカクセマホシ斯クシテ見タシ等ノ理想ヲモ画ケル事アリシガ學徳トモニ浅薄且未ダ少シノ経験モナク宛ラ蘆筒ヲ以テ天井ヲ窺ウノ觀一笑ニ終ルノ價ダモナカラン且元ヨリ思想狭隘以テ斯ル言ヲナスノ当ヲ得ザルヲ知ル然レドモ斯ル時季ニ於テ己ガ心ニ浮ビシ事共ヲ書キ連ネテ以テ後来ノ参考ニ供スルモ亦副(ママ)チニ無益ノ事ニモ非ラントノ心ヨリ茲ニ当縣下女教育者ニツキ常々心ヅキシ点二三ヲ挙ゲテ以テ御示教ヲ乞フコトトワナリヌ又願ワクバ御高教タマワランコトヲ。
一、力ノ足ラザルコト
世人口ヲ開キテ女教育者ガ欠点ヲ云ワンヤ第一ニ(力ガ足ラナイ)ノ語ヲ以テセン従ツテ女教育者ワ上級生ニワ適セザルナリ狭識ナリ誤謬ヲ傳フルモノナリ生徒ガ思想ヲシテ寛裕廣闊ナラシムルコト能ワザルモノナリト其時己思エラク女教育者ト雖モサマデ力ナキコトアラザラン三年ガ間師範ノ学舎ニ於テソレガ修養ニ餘念ナク勉励業終リテ以テ此任ニ当ル何ゾ此如キコトアランヤ世人ノ誣スルモ酷ナラズヤト其後己附属ニ於テ実地教鞭ヲトル四ヶ月実ニ短日月ト雖モ其間ニ於テ大ニ感ズル所アリ実ニ女子ノ力ナキナリ狭キナリ全ク上級生ニワ適セズ畧一晩前ノ先生ナリサレバ生徒ニ満足ヲ與エルコト能ワズ自ラモ亦戰々兢々以テ教臺ニ上ル何ゾ以テ其効ヲ上グルヲ得ンヤ若シ又力ニ於テ欠ケルナカランモ其教授上訓育上其思慮研究ニ於テ一般ニ浅慮ナル実ニ恥ツル外ナカリキアア之実ニ先ノ世評ノ起ル所宜ナル哉或人曰ク彼等ガ目的ハ小学教育者ニ在リ徒ラニ高遠ニ走ルノ必要ナシトアア此論ヤ実ニ真ナリト雖モ凡ソ教育者タルモノ其学力ニ於テ又品性ニ於テ衆ニ抜デザルベカラザルワ勿論蓋世ノ卓見アリ以テ始テ社会ノ先導者タルベキモノナリ徒ニ小才小知ニ安ズル如キワ最モ誡ムベキコトナリ然レドモ女教育者ノ力ナキワ未ダ国民教育者タルノ力ナキナリ小學校教育者タルノ力ナキナリ何ゾ高遠ニ走ルノ意アランヤ
抑女教育者ニシテ此ノ如クソレ不能ナル何ニ原因スルカ実ニ己等女教育者タラントスルモノワ大ニ之ガ研究ニツトメソレガ改良ヲ謀ルコソ国家ノタメ実ニ現今ノ急務トコソ云ベケレ己レ此感ヲ懐キテヨリ以来天真神ノ如キ幼ナ子ニ向エル時モ一人机上ニ書ヲ繙ケル時モ絶エズ脳裏に往来シテ去ル能ワザル所ナリ然レドモ以下述ベシ如キ薄識其論ノ当ヲ得ザルワ明鏡ノソレヨリモ明ラカナル所ナリサレバ其心シテ見給ワンコトヲ
凡ソ此力ナキニ二種ノ原因アリ一ツ根本的修養ノ足ラザルコト一ツ卒業後自己ノ修養ノ足ラザルコト之ナリ
小学時代ニ於ル学業進歩ノ度ニ於テワ男女共ニ餘リノ差ヲ見ズ却テ幼少ノ時季於テワ早熟ナル女子ノ方佳良ナル点少ナカラズ然レドモ小學ヲ終エ中等ニ進ムニ至リテワ男子ワ漸ク頭角ヲ表シ且就学ノ便極メテ善ク中学アリ専門学校アリ私塾アリ地方所々ニ良師少ナカラズ以テ己ガ意ノママニ諸方面ニ向テ廣ク學ブヲ得テ知識ワイヨイヨ廣カルベシ此ノ如キ時ニ於テ小學卒業後三四年ノ勉学ト実地ノ経験及ビ社會ノ実情ヲ會得シタル上始メテ師範ニ入ル其力ニ於ケルヤ実ニ女子ガ校ヲ辞スルノ度ニ勝ルモ豈劣ル所アランヤ
然レドモ女子ニ於テワ然ラズ先ズ小學ヲ終エ尚進マントスルニ於テワ市町ヲ除ク外多クワ學ブニ師ナク進マンニ道ナク殊ニ未ダ現今社會一般ニ於テ女子教育思想ノ稚々タルヨリ其志ヲ懐ケルモノニ対シ外圍ノ大勢力ヲ以テ之ガ障害タルモノ亦少ナシトセズ漸クニシテ其中ヨリ抜ケ出デ僅カノ試験勉強以テ師範ニ入ル其力ト思想トニ於テ幼稚ナル小學児童ト敢テ異ナル所ナカルベシ
入學当時ニ於テ既ニ此ノ如シ且修業年間ノ短キ入校後日夜勉励酷苦師弟共ニ只々短日月ヲ託ツノミ如何ニシテ其効果ヲ修ムルヲ得ンヤ
女子ハ社會ノ状態ヨリ又年齢上ヨリ種々ノ障害アリテ進行上困難ナル点少ナカラザランモ当師範女子部ニ入ラントスル程ノモノワ一旦志ヲ立テ以テ教育者タラントスル者ナレバ先ヅ入學前に於テ確乎タル決心ト抱負トヲ持チ充分學力ト見識トヲ備エ然ル上ニ於テ始メテ当校ニ入リ其科程ヲ終リ以テ其任ニ当ルカ又ハ修業年限ヲ尚一年增加シ校内ニ在ル日ヤヤ深クシテ各勉強ノ道モ立チ思想モ漸ク進歩セントスルノ時季ニ於テ尚一年ノ修養ヲ積ムニ至ラバ其益スル所多ク入校前ノ勉強二三ケ年ノ効ニモ勝リテ進歩ヲ見ルベシ従ツテ前評ノ如キ弊害ヲ救フコト亦難カラザルベシト信ズルナリ
尚一ツノ原因タルワ卒業後ノ修養足ラザルコト之ナリ
女教育者ニシテ其學校ニ在ルヤ前述ノ如ク活溌に荘(ママ)快ニ之レ日モ足ラザル有様ニテソレガ修養ニ餘念ナク且皆進取ノ気象ニ富ミ各方面ニ向テ行動シツツ在ルモノノ如シ然ルニ其卒業ニ及ンデワ昔日盛ナリシ進取ノ気象ワ頓ニ失ヒ我事既ニ終レリト為シ修養ヲ怠ルモノ少カラザルガ如シ何ゾ愚ノ甚シキヤ學校ニ於テ卒業後ノ修養學ビタル事ワ卒業後研究ノ基礎タリ骨髄タルニ過ギズ之レヲ例フレバ恰モ家庭ノ基礎ノ如キモノナリ其上ニ建設スベキ家屋ノ壮麗ナルト否トワ実ニ卒業後ノ修養如何ニ起因スルナリサレバ學生時代ニワ劣等ヲ以テ賎メラレタル身モ卒業後其修養ヲ怠ラザリシ為大ニ頭角ヲ表スモノ少ナシトセズ又學生時代ニワ學力優等ヲ以テ輝キタル人モ卒業後無為ノ徒トナルモ少ナシトセズ己ワ実ニ此前者ヲコソ望マシケレ女子卒業生ワ卒業後種々ノ事情ヨリ止ムヲ得ズ修養ヲ怠ルモノモ多カランガ然ラズシテ卒業後早ヤ己心ニ足レリトシテ以テ勉セズ又ワ己ガ負エル重任ヲモ忘レ益ナキ装飾藝ニ意ヲ注ギ己ガ修養ヲ見棄ツルモノアリ実ニ思ワザルノ甚シト云フベシ小學教育ガ如何ニ国家ノ盛衰ニ影響スルカワ言ワズシテ明カナリ夫レ社會ワ絶エズ進化ス然ラバ五年十年二十年後ノ學童ワ智識其他ノ点ニ於テ現今ノ學童ニ勝ルコト遥ナルベシ斯ルガ故ニ卒業後其修養ヲ見スツルモノハ其卒業当時ニ於テワ漸クニシテ完全ナル教育ヲ施シ得ルモ年ト共ニ其不完全ニ終ランヤ明ラカナリ此ノ如クシテヨリ前世評ノ世ニ絶エザル所ナリ
凡ソ小學卒業ワ卒業ナラン中学も亦女學校モ独リ師範ノミワ卒業ニ非ズ其科程ヲ終エシハ只其方法ヲ授ケラレシノミソレヲ基礎トシ自ラノ力ト修養トヲ加工以テ有為ナル第二ノ国民ヲ造り出シテコソ始メテ真ノ卒業証書ノ贈ルベキナリサレバ己レ等当校ヲ出ヅルヤ絶エズ此志ヲ以テ他日真正ナル卒業ニ到着センコトヲ心トナシ以テ事ニ当ラバ前述ノ如キ世評ヲ免ルルモ亦豈難キコトナランヤ
二、確固不抜ノ主義ト勇気トヲ有スルヤ
凡ソ国民教育タルヤ国民的基礎教育ヲ施サントスルモノナリサレバ其良否ワ大ニ国家ノ興亡ニ関係ヲ及ボスコト論ヲ待タザル所ナリ
今ヤ我国ワ東洋ノ文明国世界ノ日本トシテ大ニ宇宙ニ自衛発展スベキノ時季ニ当リ繙(ママ)リテ国内ノ状況ヲ観察スルニ形式上ノ文明ワ日ニ月ニ進歩スルト雖モ其裏面ニ至レバ実ニ濁リニ濁リ濁流滔々汚気四海ニ漲濫スルガ如ク上下貴賤ノ別ナク腐敗沈淪シ従ツテ高潔ノ士ナク節操ナルモノ地ヲ拂ヒ奢侈淫靡ニ流レテ殆ンド救フベカラザルノ状態ナリ斯ル間ニ立チ卓然以テソレガ救済ノ任ニ当リ社會防腐ヲ実行スルモノ即所謂社會ノ教育者タルモノ無カルベカラズ之ヲ政治家ニモトメンカ却テ自ラ腐敗ノ極ニ陥ルモノナレバ到底他ノ腐敗ヲ防止スルコト能ワザルワ明ラカナリ然ラバ之レヲ宗教家又ワ官吏社會ニ求ンカ何レモ其可ナラザルヲ知ルモノナリ然ラバ何人ガ其任ニ当ルモノゾ斯ル大責任ヲ両肩ニ擔フベキ最大義務者ワ国民教育者ヲオキテ他ニ求ムル能ワザルナリ果シテ然ラバ教育者ワ実ニ国家ノ命ナリ社會ノ先導者タルト云フベキナリ
嗚呼教育者タルモノ任重クシテ道遠キ哉国家ノ前途ワ彼ガ手中ニアリ殊ニ近来ヤヤ進歩ヲ来シナリト雖モ未ダ女子ニ対スル教育思想ノ極メテ幼稚ナリト云フベシサレバ女子ニテ教育者タラントスル者ニ於テワ一層ノ困難ト一層ノ障害トヲ感ズルコト少ナカラザルベシ現今ノ女教育者ニシテ果シテ善ク此覚悟ト抱負トヲ有スルヤ否ヤ果シテ善ク此渦中ヲ抜ケ出デ断乎トシテ進ミ元ノ源泉ニ返スノ勇気アリヤ否ヤ
然レドモ省ヨ先ニ師範ノ小窓ニ在リテソレガ有様ヲ傍観スルノ時季に在りリテワ必ズヤ之レヲ有シ扼腕切歯以テ之ヲ挽回シ改良セント期セシナラン然ルニイヨイヨ其中ニ身ヲ投ジ断然其実行ヲナサントスルニ当リテワ或ワ狂ト呼ビ愚ト称シ手ヲ引キ足ヲ持チ種々ノ方面ヨリシテ彼ガ進路ヲ障害スベシ此時ニ於テ確乎タル主義ト勇気ヲ有セザランカ忽チニシテ感染シ前ノ抱負ワ何處ニカ失セ決心去リ遂ニ同化セラルルニ至リ時ニ俗人ニ称揚サレ批難セラルルコト少ナシト雖モ其社會ニ向ツテワ何ノ為ス所モナク凡々トシテ教育ガ贅物タルモノ実ニ少ナカラザルナリ我国古代ノ女子思想ノ如何ワ今更喋々ヲ要セサルベシ之即チ真正ノ女子思想タリ大和女ガ思想タルナリ美シキ哉頼母シキ哉
然ルニソレヨリ以後幾多ノ変遷ヲ経テ儒教入リ佛教入リテ女子ガ三従ノ教ヲ説クアリ厭世主義ニ導クアリ以テ我国太古ヨリ傳ワレル真正ナル女子思想ヲシテ徒ニ畏縮シ厭世ニ走ラシメタリキ續テ徳川時代ニ至リ女子ノ勢力ワ全ク衰エ單ニ男子ガ玩弄物附属物ノ如ク従ツテ精神ニ於テモ此ノ如ク女子思想ガ畏縮其極ニ達シタリト謂フベシ
浦賀ガ一発ノ砲声ニ二百年ガ鎖国ノ夢破ラレテヨリ以来欧米ガ物質的文明滔々トシテ潮流ノ如ク輸入スルヤ精神上ニ形式上ニ古今未曽有ノ一大変化ヲ来セリ然リト雖モ未ダ数百年ガ長日月夢ノ中ニ葬ラレシ遺傳的ニ畏縮セル女子思想ワ容易二元ノ源泉ニ立ち帰ルコト能ワザルワ理ノ当然ナル所ナリ
然ルガ故ニ一般ニ現今女子思想ワ男子ニ比シテ狭隘ニ單純ニ幼稚ナル実ニ驚ク許ナリ従ツテ其見ヤ下リ事ニ従テ廣闊寛裕ナル能ワズ私ヲステテ公ニ就クコト難ク細事ニ汲々トシテ廣ク自ヲ宇宙ニ放チ国家テウ大目的ノ元ニ行動スルモノ実ニ寥寥暁星ノソレヨリモ少ナキガ如シ何レモ皆足元ヨリ外見エザルナリ我身ヨリ外考ナキナリ何ゾ其狭量ノ甚シキヤ
引テ当時ノ女教育社會ヲ見ルニ此弊ヤ実ニ少ナシトセズ当長野縣人ワ男子ニシテ其狭量ナル天下に冠タリトカ我ワ斯ル人ノ比較的女子ニ多キヲ感シテ止マザルナリ
或人曰ク凡ソ此世ニ在リテ苟モ先導者タラントスル者ワ宜シク頭天ニツキ足地ヲ踏ムノ人タレ何レモ隔ルベカラズト此言ヤ実ニ其真理ヲ穿テリト謂フベシ即チ其先導者タル者如何ニ高山ニ在リトモ彼ヒクキニ自ラ下リ愚夫愚婦ガ手ヲ引キ道ノ教エ以テ懇切ニ高キニ導カンカ其効ヲ奏スルヤ大ナルベシ然ルニ頭天ニツキテ足地ヲハナレ又ワ足地ニツキテ頭天ヲ隔タルル如キワ何レモ効ヲ奏スルコト能ワザルモノナリ即前述ノ如キワ足地ヲ踏ミ頭天ヲハナレタルモノニシテ山上ヨリ下リテ共ニ導キ上グルノ力ナキナリ何ゾ此ノ如クニシテ其ヨク社會ノ先導者タルヲ得ンヤ国家ノ命ノ永久ナルヲ得ンヤサレバ己等女教育者タラントスル者ワ大ニ省ミル所アリテ以テ己ガ意思ヲ強固ニシ一定ノ主義ニ従ヒ確乎不抜ノ勇気ヲ以テ大ニ此道ニ尽サンコトヲ期セザルベカラズ
三、廣ク目ヲ宇宙ニ放チ度量ヲ廣クスベキコト
二千有餘年ガ昔ニ逆リ我国青史ヲ繙キテ其当時ノ女子思想ノ如何ヲ伺ワバ実ニ其雄大ニシテ進取的ナル只々驚クノ外ナカルベシ
申サンモ畏ケレドモ天照大御神ノ我瑞穂ノ国ガ礎ヲ長エニ建テ給ヒシ如キ又ハ神功皇后ノ決然以テ波濤ヲ渡リ威ヲ海外ニ輝カシタル如キ其他斉明天皇ノ御親征ノ如キ又下リテワ上毛野形名ノ妻ノ如キ何レモ其雄々シク勇マシク且ツ廣量ナル実ニ懦夫ヲシテ立シムルモノナリ之レニヨリテ況ンヤ女子ニ於テオヤ其狭量ニ個人的ニ思想感情ニ於テ偏僻ナル実ニ冷汗背ヲ潤スニ至ル
今其二三ノ例ヲ上クレバ教育者シニシテ教育令ノ何物タルヲ知ラズ現今女子教育ノ方針ワ何レニ取ルベキカヲモ考エズ又我国ノ世界ニ對スル位置及国際上ノ出来事其他政関ノ変遷等凡テ国民トシテ必ズ知ラザルベカラザル事而モ官報ニ新聞ニ報ジテアル事ニシテ知ルナシ以上ノ如ク凡テ新知ヲ求ムルコト極メテ少ナキヲ以テ其教材ニ沈汚ヲ来シ教授上誤謬多キワ免ルベカラザル所ナリ即チ日光ノ神橋ノ現在依然トシテ壮麗ヲ極ムト云ヒ得々然トシテ説クガ如キ又ワ現今臺灣ワ三縣三廳ヲ以テ治メツツアリト教エルガ如キ実ニ其数枚挙ニ暇在ラザル程ニシテ生徒ヲ害スル実ニ大ナリト謂フベシ
又狭量ヨリ来ル弊害タルヤ己ガ赤心ヲシテ人ノ腹中ニ置クコト少ナキヲ以テ大事業ヲナスコトナク又成功ヲ見ルコト少ナシ又微々タル事ニ争ヲ起コシ引テ公務ニ及ボス如キ其教育上ニ於ケル害少ナカラザルナリ又之ヨリ来ルナランカ女教育者ワ愛憎ノ情起リ易ク為ニ子弟ノ円満ナル徳育ヲ施スコト難キト又幼年生ヲ除キテワ多クワ生徒ノ女教師ヲ喜バス且彼慈悲深キニ係ワラズ生徒ノ男教師ヨリ女教師ヲ畏ルルコトアリ之レ何レモ其狭量ナルナリ事ニ当リテ理性ヲ欠キ為ニ斯ル舉ニ出ヅルナランガ苟モ教育者ヲ以テ任ズルモノニシテ以上ノ如キ文字ナキ平凡ノ婦女ノ如キ性癖アリテ可ナランヤ又祈ルサルコトノアラザランコトヲ以上述ベシ如ク女子ノ狭量ナルト見識ノ狭キトハ実ニ教育上重大ナル影響ヲ及ボスモノナレバ己レ等女教育者タラントスルモノワ大ニ自ラ省ル所アリテ目ヲ廣ク宇宙ニ放チ新聞ニヨリ雑誌ニヨリ思想ヲ日々新ニシ胸宇ヲ宏大ニシ以寛裕廣濶世界を闊歩スベキ第二ノ国民ヲ養成センコトヲ期スルワ最目今ノ急務トコソ謂フベキナリ
四、元気ト研究心トニ乏シキコト
抑世ニ處シ事ニ当ルニ於テ必ズヤ欠クベカラザルモノワ元気ト研究心トナリ夫レ人ニシテ之レ無カランカ事ニ当リテ進歩ナク従ツテ成功ナク只逡巡トシテ無為ニ終ランノミ今ヤ教育社會ニ陳腐ノ声ヲ聞ク多シ殊ニ女子ニ於テ甚シトス之レ抑何ニ起因スルカ
凡ソ女子ワ元ヨリ事ニ当リ真面目ニシテ善ク勉ムト其學ニ在ルヤ善ク其學科ヲ汲汲トシテ他意ナク一意専心以テ教育者タルノ素養ヲ求ムルニ餘念ナキモノノ如シ之レ実ニ善シ嘉スベシト雖徒ニ
〇本食蟲トナリ教科書カヂリニ終ルナキカ
〇三年ノ苦学終リテ母校ヲ辞スルヤ先ズ占メタリ先生ニナリタリト心ニ満ツルモノナキカ
〇又ワ在校中試験勉強ニ汲々タリシ結果精神ヲ衰枯セシメ卒業後以テ事務ニ当タルノ秋ニ於テ早ヤ元気衰耗スルモノアルナキカ
凡陳腐タルヤ原因多クワ此三者ニ出デザルベシ嗚呼何ゾ思ワザルノ甚シキヤ従ツテ女教育者ノ卒業後頭角ヲ表ス者少ナク又潜心其業務ニ付テ深淵ナル研究ヲ為スモノモ亦実ニ少ナキアリ
実ニ女教育者ノ元気ナキナリ研究心ナキナリ従ツテ社會ニ在リテワ人後ニ立チ學校ニ在リテワ只々オ役目的ニ教鞭ヲトリ一ノ為ス所モアラザルナリ
凡ソ教育事業タル他ノ諸事業ノ如ク義務的ニシテ為シ得ルモノニ非ズ又衣食ノ資ヲ得ンガ為又ワ唯ニ他人ノ便益ヲ計ランガ為ニモ非ズ只々彼天真神ノ如キ垂髻ノ児女ガ全精神ヲ捧ゲテ其師傳ヲ敬慕シ其清浄無垢ノ神ノ子ガ運命ヲ教育者ニ委ネ嬉々トシテ談笑スルヲ見テワ誰カ其衷心至誠ニ泣カザラン斯ル間ニ身ヲ投シ之レガ鞠育薫陶ノ幸運ヲ担エル教育者ノ天職ヤ実ニ至高ニシテ潔白ナル他ニ求ムル能ワザル所ナリ即此尊キ天職ヲ自覚シ教育其物ニ對シ実ニ愉快ニ堪エザル心ヲ以テ為シテコソ真ノ教育ワ為シ得ルナリ若シ此心無ク徒ラニ義務的ニ又ワ苟モ衣食ノ為俸給ノ為其職ニ在ルモノアランカ單ニ教授ノ道具智識ノ傳達機トナリ教育上價値ナキノミナラズ却テ生徒ヲ害スルコト実ニ少ナカラザルベシ嗚呼此如クニシテ何ゾ己ガ天職ヲ全フスルヲ得ンヤ此ノ如キ人ワ宜シク他ニ職ヲ求メ教育社會ヲ逃ルル方実ニ勝レリト云フベシ
五、卑俗ニ流ルルナキカ
或人曰ク女教員ヲ雇フワ鱈ヲ買フガ如ク一對ナラザレバ用ヲナサズト近来女教育者増加ト共ニ以上ノ如キ弊害ワ漸次除去ノ状態ヲ呈セリト未ダ所々ニ於テ見聞スル所ナレバ己ガ心ヅキシママヲ茲ニ述ブルコトトワナリヌ
人一度師範ガ女子部ヲ窺ンカ必ズ一種異様ノ感ニ打タルベシ即其中ニ収容サルル生徒ノ心ニ於テ形ニ於テ殺風景ニシテ一ノ飾ナク事ヲ論ジテ滔々其結ヲ見ルニ非ザレバ止マズ又或ワ理学方面ニ向ツテ研究セントスルアリ又ワ法制ノ研究ニ餘念ナキアリ或ワ古ノ紫式部清少納言ガ優艶ナル才ヲ希エルアリ実ニ活気満々オサオサ修養ニ怠リナキノ風アリ
然ルヲ如何ゾヤ一度校ヲ辞シテ地方小学校ニ至ル温順低頭宛ラ狼ノ虎ニ逢エルガ如ク一言モ発スルヲ得ズイイトシテ之レ他人ガ命ノママノミアア之如何ナル現象ゾヤ
回顧スレバ今ヲ去ルコト十余年前既ニ本縣ニ於テワ女子部ヲ建立セラレ其卒業生タルモノ今ヤ二百名ニ垂ントス其多数ノ卒業生ワ皆各地方ニ在テ教育ニ従事し自然的ニ女子就学ノ歴史歴シ奨ケルナリ
現今当縣下ニ於テワ女子就学ノ度ワ男子ニ比シテ著シク微々タルノ有様ニシテ今後大ニ女先生ガ力ヲ待ツコト実ニ少ナカラズ従ツテ女教育者ガ任重クシテ且遠キノ時ニ当リ上述ノ如キ有様ニテ豈可ナランヤ
己レ曽テ世人ノ評ヲ聞ク長野縣女子部生徒ワ學ビテ怠ラズ勉メテ倦マズ沈着ニシテ活発素撲ニシテ剛直約スル所ヲ守リ信ズル所ヲ行ヒ超然トシテ其日課ヲ履メ自ラ高キ気品ノ掬スベキ所アリ然ルニ動モスレバ冷淡ナル心事傲慢ナル体度以テ人ヲ待ツト又或人ワ曰ク女子ヲシテ教育ヲ受ケシムレバ反テ天然ノ美性ヲ害シ出過ギモノトナリ於轉婆トナルト之レ我国永年ノ風習女子ヲシテ男子ノ附属物ト見做シ女子モ只管男子ニ依頼シテ生存スベキモノト心得盲従ヲ其美徳ト信ジ来リシヲ以テ目今相当ノ教育ヲ受ケタル所ノ女子ノ徒ラニ他ニ依頼セズ盲従セズ自然舊習ヲ改メタル其行為ヲ誤解シテ斯ル言ニ出テタルナレバ実ニ誼ナキノコトト云フベシ彼卑屈トスベキ教育者モ其校ヲ出ヅルヤ希望満々大ニ為スアラント期シタルナルベシシカレドモ其外圍ノ風習ノ餘リニ幼稚ナルニ驚キ暫ク手ヲ休メタルナランカ又ワ先ノ如キ批評ヲオソレテ手ヲ下ス能ワズシテアルナランカ之ニ於テワ大ニ外圍ノ罪大ナリト云フベシ然リト雖モ社會ノ先導者トシテ又国民教育者ヲ以テ任ズルモノニシテ其見識ナル其意思ノ薄弱ナルイカデカ以テ其任ヲ全フスルヲ得ンヤ
嗚呼縣下女教育者ヨハタ女教育者タラントスルモノヨ長エニ學生時代ノ意気ト抱負トヲ持チ己ガ信スル所ニ向ツテ進ミ徒ラニ低頭沈黙以テ卑屈トナルナカレ縣下女子教育ノ如何ニ皆其手中ニ在リ期シテ以テ大ニ自重スベキハタセザルベカラザル所ナリ
六、身ヲ以テ卒ユベキコト
方今ノ世女教育者テウモノ多クワ偏見セラレ一般世人ワ女教師タルモノワ人ヲ教ユル一ノ器械ニシテ敬シテ遠クベキモノ近イテ親ムベキモノニ非ラズトシ保守的ノ老人ナラバ一種異様ノ感ニ打タレ女事ヲ打捨テタル男子メキタルモノト見ナシ其最愛ナル孫女ヲ女教師ニスルヲ嫌ヒ又學者間ニワ女教師ワ一種特別ノ女子ガ其衣食ノタメニ斯ル職ニ従フモノトシテ賤シミ顧ミズ至重至貴ノ任ヲ負エル女子ニシテ斯ル誤解ヲ受ク実ニ憤慨ノ外無キナリ吾等奮ツテ世人ノ迷夢ヲサマシ女教育者ノ面目ヲ一新セザルベカラズ
抑此誤解ヲ招ケル原因ニ三アリ
〇一ツ社會一般ノ風習ノ衝突
〇一ツ女教師タラントスル人ノ境遇ノ如何
〇一ツ女教育者自身ニ於テ批難スベキ点アル
トノ三ナリ
社會風習ノ永年遺傳的ニ来レルモノニシテ一朝一夕ニ微力ヲ以テ如何トモシ得ルモノニ非ズサレバ之レニ就テ喋々スルノ益ナキヲ信ズルヲ以テ之レワ暫クオキ女教育者自ラガ大ニ自省ヲ要スベキ点ニツキ心ヅキシ愚評二三ヲ述ベン己レ曽テ斯ル説ヲ聞ク
良家ノ女子ヲシテ小學校ノ教員タラシムルワ利益実ニ多クシテ若シ遠慮ナシニ其所望ヲ云ワシメバ女子ノ小學校ノ教員ノ職ニツクコトワ男子ノ兵役ニ於ケルガ如クニシテ未婚ノ女子ヲシテ必幾年ノ間小學ノ教職ニ服スルノ責ヲ負ワシメタシト熄思エド斯ル事ノ容易ニ行ワルベキニ非ラサレバ責メテ女子ノ教職ニ従事スルヲ以テ世間一般ノ風習トナシ此風習ニ従ツテ一度教員ノ職ニツキタル者ニ非レバ容易ニ他ニ嫁スルコトヲ得ザルコト尚裁縫ノ心得ナキモノノ他ニ嫁シ難トニ同様ニ感ズルニ至ラバ大ニ婦女ノ面目ヲ改メ啻ニ小學教員ノ不足ヲ補フニ余リアルノミナラズ女子ヲシテ自営自活ノ道ヲ得ラシメ廣ク人ニ交リ又母トシテ愛児ノ教育ヲ主ドル上ニ無限ノ益スル所見ルベシト
己レ之レヲ聞キテ大ニ感ズル所アリ若シ斯ル事ノ幾分タリトモ行ワルニ至ランカ従ツテ多少ノ弊害ワ起ランモ兎ニ角一般女子ノ国民教育ニ従事スルニ至ラバ実ニ国家ノ為如何ニ嘉スベキノコトナランヤ
現今高等女学校等ノ卒業ガ安用無事ニ其日ヲ費サズ漸次小學教育ニ従事スルニ至リシワ実ニ喜バシキノ現象ト云フベシ
先述ノ説ノ如キ実現今日ノ社會ニテワ出来難カランモ一般ニ物質的利欲ニ累ワサレザル良家ノ女子ヲシテ其安逸ニ過スベキ結婚前未ダ家事ノ係累ナキ時ニ於テ幾分タリトモ国民教育ニ従事スルニ至ラアシムルワ国家ノ為ハタ又教育者ノ目面ヲ改ムル上ニ於テ大ニ奨励スベキコトト云フベシ
サレバ師範學校等ニ於テワ真ニ根本ヨリ教育ニ志望ヲ有スル者ヲ入學セシメイヤシクモ其人ノ境遇上先ノ如キ評ノ出デ易キ者ヲ避ケ又教育法ニ於テモ精神的ニシテ高潔節義堅ク温厚ニシテ春風ノ靄々タル如キ人物を造ルコトヲ心掛ケ自ラモ亦其心ヲ常ニ確守シ以テ日夜修養ニツトメンコト最急務トコソ信ズルナリ
次ニワ女教育者自身ニツキテ批難スベキ点有ルコトニツキテ少シク愚言ヲ述ントス
凡ソ教育事業タル教師ニ深淵ナル学識アリ弁舌滔々以テ其目的ヲ達シ得ルト思モノアラン之レ大ナル誤ニシテ之レノミニテワ未ダ達スルコト能ワザルナリ
或人謂エルアリ「教育ノ目的ワ説明ニヨリテヨリワ寧ロ示例ニヨリテ実ニ早ク達セラルルト」此言ノ如ク実ニ千言万語ノ教訓モ畢竟身ヲ以テ卒ヰルニシクワナシサレバ教育ノ目的ヲ全フセンニワ言語ヲ用ユルト共ニ行為ヲ以テソレガ模範ヲ示シ以テ暗暗裏ニソレガ心情ヲ薫化スルヲ以テ第一トナスサレバ其任ニ当ル者ワ学識ニ於テ教師タルニ適スルワ勿論其一言一行悉ク人ノ模範タルベキ資格ヲ備エザルベカラズ
今茲ニ女教育者トシテ欠クベカラザル点ヲ挙クレアバム2教師ニ適当ナル学識ト理想トヲ有シ。・国民ノ母タルノ愛国心アリ。・且女子ノ本分ヲ実践シ得ベキ。人タラザルベカラズ現今女教育者間ヲ見ルニ前二者ニ於テワアルイワ全カラン人少ナカラズト雖此後者ニ至リテワヤヤ自省ヲ要スベキ点少ナシトセズ之レ実ニ前ノ如キ誤解ヲ来ス大原因ナラント信ズルナリ抑女子ノ本分ノ実践タルヤ父母ニ事エ良人ニシタガヒ又人ノ母タルツトメヲ尽シ世人ニ對シテモ女子ラシキ対面ヲ保チ仰ヒデ天ニ恥ヂズ伏シテ地ニ恥チザルノ謂ナリ苟モ男子メキタル挙手ヲナシ女徳ヲ軽ジメ良人ヲ得ンワ屈従ノ患タリ児女ヲ育テンワ朝夕ノ労ヲ増ス等心得ナスモノアランカ如何ニ學藝ニ妙ナランモ其論スル所如何ニ滔々タランモ以テ人ノ師タルノ資格ワナキモノナリ
サレバ己等女教育者タラントスル者ワ大ニ自ラ省ル所アリテ學理ノ研究ニ勉ムルト共ニ女子トシテ最モ重要ナル即チ女子ノ女子タル所以ノ女徳ニツキテ修養シ真ノ女子ラシキ品性ヲ備エ以テ天神真ノ如キ幼児ガ教育ノ任ニ当ランカ宛ラ慈母ノ愛子ニ於ケルガ如ク暗暗裏ノ間ニ其教育上効果ヲ上グルワ言ヲ要セザル所ニシテ又社會ニ於テモ愛ノ化身タル女教育者ガ満々タエル慈心ト赤心トヲ以テ国民教育ニ従事スルヲ見テワ誰カ之レヲ嫌悪シ又ワ器械視スルコトヲ得ンヤ
七、家庭ニツキテ
児童ガ善良ナル品性ヲ薫陶スル唯一ノ場所ワ家庭ナリ即児童ガ個人性ヲ最善ク熟知スルワ父母ニシリモノ非ザルベシ又児童ノ同情心博愛心等ワ皆母ガ情深キ注意ヨリ養成セラレ意思ヤ言行ニ関スルコトワ父ニヨリ支配サルルナリ即チ善良ナル家庭父母善良ナル父母ノ一言一行ワ児童ノ品性ヲ陶冶スル上ニ非常ナル勢力ヲ以テ善ナラシムルナリサレバ學校ワ真ノ学校ニアラズ家庭コソ真ノ學校ナリ真ノ大學ナリ父ト母トワ真ノ教師ナリ天下廣シト雖品性ノ製造所ワ唯一個所ノミ真ノ家庭ワ道徳ノ本源地タリ児童ノ品性ワ家庭ニ於テ建設セラレ襁褓間ニ受納シタル感化力ワ児童ノ生涯ヲ通ジテ抜クベカラザルモノナリサレバ家庭ワ教育ノ根源地又国民品性ノ開発地タリ従ツテ其善悪ワ国家ノ利害ニ及ボスコト大ナリト謂フベシ
翻テ現今一般社会ノ家庭ヲ見レバ風紀ノ紊乱シ極レル実ニ驚クヨリ外ナカルベシ即夫婦ノ和ナク一家ワオサマラズ妻ワ妻タルノ道ヲ誤リ夫ワ夫タルノ威ヲ失ヒイカデカ其子女ノ完全ニ円満ニ発達スルヲ得ンヤサレバ国民教育ニ従事スルモノワ單ニ學校ニ於テ児童ヲ教化スルニ止マラズ重大ニ即ヨリ多ク勢力ヲ有スル家庭ノ改良ニ力ヲ用ユルコトヲ為サザレバ如何ニ熱心ニ忠実ニ事ニ当ルト雖其効ヤ実ニ少カルベシ
諸一般ノ家庭ヲ一歩ナリトモ善ニ導カント欲セバ如何ナル方法ニヨルベキカ凡ソ家庭ノ中心トナリ原動力タルモノワ主婦ナリセバ主婦ノ如何ニヨリテ家庭ワ左右セラル故ニ主婦ガ思想界ニ進歩ヲ與フルワ即家庭ニ進歩ヲ與フルノ理ナリ其主婦タル一般女子ガ思想ヲ如何ニシテ進歩セシムベキカ
女子ノ活動界ワ家庭ナリサレバ社會ニ出ズルコト極メテ少ナク又家事ニ餘裕ナキヲ以テ書物ニヨリテ廣ク知識ヲ得ルコトモ亦少ナカルベシ従ツテ之ガ進歩ヲ計ルワ実ニ至難至高ノ事業ニシテ又女教育者ノ力ヲ待チツツ在ルモノト云フベシ其方法ニ至リテワ種々諸方面ヨリ之レヲ為シ得ベカランモ茲ニ於テワ只己ガ心ヅキシ点ノ重ナルモノニツキテ少シク述ベントス
一、直接ノ方法
婦人會同窓會慈善會等ニヨリ常ニ家庭ニノミ引キコモレル人々ヲ悉ク集合セシメ其所ニ於テ新智新識ヲ得セシメ又互ニ思想ヲ支援シ且有益ナル談話ニヨリ漸次進化セシムベキコト之レナリ
現今当縣下各地方ニ於テ行ルル婦人會等ノ漸次盛ニ赴ムワ実ニ嘉スベキノ現象ト謂フベシ然レドモ未ダ此目的ヲ達シヅヅ在ルモノ幾何ゾ只々一ノオ祭的ニシテ又家庭内ノ單調ナル生活ニノミ慣レタル婦女カ好奇心ヲ利用シタルニ過ギザル如キアリ又ワ衣服其他ノ装飾品カ美ヲ競フガ如キ弊害ヲダニ来スニ至コトアリ実ニ慨嘆ノ外在ラザルナリサレバソレガ原動力タルベキ女教育者タルモノ大ニ其目的ト方便ニツキテ研究ノ上充分價値アラシムルワ最モ吾人ノ重大ナル務トコソ云フベケレ
二、間接ノ方法
之レワ第二ノ主婦タル女子ガ教育ニヨリテ達セシムルコト之レナリ即一般ニ女子ヲ教育スルノ目的ワ確実ニ女子ノ本分ヲ知ラシメ其他凡テノ學科ニ由テ以テ美シキ家庭ヲツクリ得ベキ女子ヲツクルニアリ
現今女子教育ニ在リテハ女子預リテ其任ニ当ルヲ以テ女教育者ガ任大ナリト謂フベシ且男子ニシテ女子ノ師タルワ一般人類及国民ノ務ヲ教エ且自ラソレガ模範ヲ示サバ足リナンモ女子ニシテ女子ノ師タランモノワ女子特旨ノ本分ニツキテモ亦ソレガ生ケル模範トナラザルベカラズサレバ其任ノ重大ナルコト言ヲ待タザルナリ現今女教育者ニシテ果シテ此任ニ当リ得ルヤ否ヤヨリ其本分ニ於テ模範トスヘキモノアリヤ模範的ノ家庭ヲ造レルモノ在リヤ否ヤ大ニ自省ヲ要スベキコトナリ
サレバ女教育者タルモノワ家ニ在リテワ模範的家庭ヲツクリ子女ヲ教化シ出デテワ婦人會慈善會ノ如キ公共事業ニ身ヲ投ジ以テ直接ニ又間接ニ一般家庭ノ改良ニツトメ学校教育ガ効果ヲシテイヨイヨ大ナラシムルト共ニ社會ガ風習ノ善美ナランコトヲ心掛クルワ実ニ目下ノ急務ニシテ又最モ女教育者ガ力ヲ待チツツアル所ナリ

結 論
己レ当今師範ガ偏偶女子部ガ一小窓内ニ在リ専ラ外部ガ繁累ヲ避ケ宛ラ井蛙ノ如キ生活一意只々學理ニ汲々タルノ身ヲ以テ此言ヲナス人必ズヤ其空論暴語以テ為スナキヲ笑フナラン自ラモ亦其大膽ナル又其現在ノ当局者ニ對シテ実ニ礼無キノ極ナルヲ知ル然レドモ己レ亦正ニ其女教育社會ニ身ヲ入レントスルノ時ナルヲ以テ徒ラニ他ヲ暴言莊(ママ)語以テ快トスルニ非ズ其自ラヲ攻ムルモノナリ又益善美ニ向ツテ発展セントノ切望ノ餘リニ出デタルモノナリ又自ラニ於テ欠クル多キヲ以テ他日実際ニ其中ニ身ヲ投ジテノ感ト先ノ女子部内ヨリ傍観セシ感トノ比較上後日ノ参考トナリ又或点ワ刺激トナリ以テ己ガ修養ノ資トナルヤモトノ心切ナルヨリ斯クワ永々シク愚辞ヲ並ベタル所ナリ願ハクバ文中幾分ナリトモ御高教ヲ垂レ給フヲ得ルノ点在ラバ己ガ幸之レニ過ギタルワ無キニナム
明治三十六年二月三日