両国高校の学友会雑誌の38号(大正10年10月31日)に廣瀬校長の旅行報告があるのを発見し,両国高校同窓会、淡交会に行き雑誌を拝見しコピーをもらってきた。いわば正式の報告は初め
てみたものである。かなり細かく旅程を記していて参考になった。大体こういう旅程であったようだ。
10月3日朝東京発。
10月4日朝下関着。すぐ連絡船で門司へ。附近見物。下関へ帰り、亀山八幡、安徳陵、平家の墓、赤間宮、
御裳川参観。夜9時半連絡船下関発。
10月5日朝9時釜山着。市中見学。東莱温泉泊。
10月6日釜山へ帰る。11時20分発。22時50分京城着。
10月7日京城商品陳列館、中央工業試験所、工業専門学校、經学院大成殿見学。
10月8日京城見学。昌慶園動植物園、景福宮。
10月9日仁川港見学。23時京城発。安東経由奉天へ。
10月10日7時30分奉天着。会議、講演、夜晩餐会。

1枚目
2枚目

表 裏

中将湯のうちわです。

珍しいでしょう。こんなものもあります。